Toshio (kirara3500) wrote,
Toshio
kirara3500

Old cars of Tokyo tram will disappear

都電7500形 3年後全廃 

都電7500形 3年後全廃 
2008.5.7 20:13

7500形。正面からみると窓が3枚ついているのが特徴=東京都荒川区

 昭和37年に登場、東京都民の足として親しまれてきた都電の「7500形」電車が3年後に全廃されることが7日、分かった。製造から45年がたち、車体が腐食するなど老朽化が進んだためで、新型電車の導入にあわせて順次、廃車となる。引退後は保存・展示される場合もあるが、引き合いがなければスクラップになる運命という。

 7500形は20両が製造され、47年に路線が早稲田-三ノ輪橋間だけとなる以前は渋谷周辺など都内各地を走っていた。近年は冷房装置を後付けした13両を運用していたが、老朽化が目立つようになり、今年に入って2両が廃車となった。

 都は代替の新型電車10両を平成22年度までに導入することを決定。これと入れ替えで、残る11両の7500形を同時期までに廃車することにした。都電は昭和30年にデビューした「7000形」も22両あるが、こちらは状態が良好で、廃車対象にはならず当分の間、運用を続ける。

 都電は線路の幅が特殊なため、廃車となった電車が他都市の路線に移籍する可能性はゼロに近い。公園などでの保存について、都は「展示したいという申し出があれば譲渡を検討する」としている。

 今年に入って廃車されたうちの1両は、都電停留所跡にある池之端児童遊園(台東区)で展示されることになり、今月9日に現地でお披露目の式典が開かれる。一方、もう1両は解体処理を待つばかりという。

 去りゆく7500形について、都交通局内には「貴重な歴史的資料として保存すべきだ」との声もあるが、最後の1両が実際に動かせる状態で保存されるかどうかは決まっていない。都交通局は「廃車予定を積極的に公表するつもりはないが、乗車や撮影は今のうちがお勧め」と、ささやかにPRしている。

http://sankei.jp.msn.com/life/trend/080507/trd0805072018015-n1.htm
Tags: streetcar, tokyo, train, tram
Subscribe
  • Post a new comment

    Error

    default userpic

    Your IP address will be recorded 

    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments